堺市の老人ホーム紹介センター

お役立ち情報

比較的入居しやすい介護施設とは?

介護施設にはいろいろな種類があります。特徴を把握し、利用者本人の身体状況にあった施設を選定することが大事です。おそらく人生の最後となるであろう施設の選定です。よく考えて施設選びをしましょう。

■比較的入居しやすい介護施設

○有料老人ホーム 民間企業が立ち上げていることが多い介護施設です。幅広く、受け入れてもらえます。 民間企業ならではのサービスが満喫なため、最近では人気の施設となっています。 ただ、有料という名前のとおり、ちょっとお値段が高いです。入所者が楽しめるようにいろいろな娯楽施設や行事を豊富に企画している施設もあります。

]○サービス付高齢者向け住宅 自立した高齢者が主に入居する賃貸住宅です。トイレやキッチンお風呂が部屋についているところや、共同になっているところなどいろいろです。職員が24時間在住している施設や、夜になればいなくなるところもあります。 食事の提供があり、食事の準備の手間が省けます。栄養面で心配することなく料理が出てきます。 サービスつき高齢者住宅は、ある程度自立した人が入居する住宅になっています。訪問してもらうサービスや通っていくサービスなどをたくさん取り入れることで、施設によっては最後まで生活することも可能です。 一人ぼっちで寂しいと思っている方、サービス付高齢者住宅は、常時見守りがあり、廊下に出れば他の利用者との交流もできるので寂しさが軽減されるでしょう。

○グループホーム 認知症と診断された「要支援2以上要介護5」の人が入れる施設になっています。ワンフロアー9人以下の施設です。目の行き届く環境で、寄り添う支援を受けることで安心して日常生活を送ることができます。 認知症の症状から、わからないこと、新しいことばかりの毎日、いつもそばにいてくれるなじみの職員がそばにいてくれます。

■介護施設選定方法 介護施設を選ぶためには、どうしたらいいのでしょうか? まず、自分の身体状況について家族と相談しましょう。自立して自分で何でもできるのならば、有料老人ホーム、サービス付高齢者住宅などの選定が可能です。 認知症状が顕著で介護保険の認定「要支援2」以上のかたなら、グループホームが妥当の選択となるでしょう。 ゆっくりと介護施設を回る時間があれば、何件か見比べながら見学することをお勧めします。説明を聞いて料金もどれぐらいかかるか相談してください。 サービス付高齢者住宅に住みだしたが、介護保険のサービスが他にかかるようになり、莫大な金額を毎月払わなければならなって出なくてはならなくなる場合も多々あります。想定しながら、選定していきましょう。

■まとめ 介護施設は、選べるほど建設されています。終の棲家の選択となります。一度入居してあわないから出ることも可能ではありますが、ものすごい労力と入居金などが無駄になることがあります。2重の負担がかかるとも言えます。 できたら一回目で満足できる介護施設を選びたいですよね。しっかりと見極め満足のいく介護施設へ入居できるようにしましょう。