堺市の老人ホーム紹介センター

お役立ち情報

介護施設に入りたいと思ったら?

急に介護が必要になったり先のことを考えたりしていると、介護施設へ入ることを検討しなければいけないなという事もありますよね。では、どうすれば介護施設に入ることができるのでしょうか?介護施設へ入る方法をご紹介します。

■まずは、介護施設の種類を知ろう 介護施設の種類といってもたくさんありますので、ここで必要なのは、介護認定を受けて、要介護や要支援の状態でなければ入ることができないタイプの介護施設なのかどうかという情報です。 ご本人の状態によって入れる介護施設は変わってきます。その状態を表してくれるのが、要介護認定です。今現在、特に介護が必要でないなら、ケアハウスや住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅などの介護施設への入居が考えられます。 一方、介護が必要な状態なら、介護付き有料老人ホーム、介護老人保険施設、特別養護老人ホームなどの介護施設への入居が考えられます。入りたいと思う介護施設が、介護認定が必要なのか、必要ないのかをまずは調べてみましょう。

■要介護認定が必要な施設なら? 入りたいと思った介護施設が、要介護認定を必要とする介護施設なら、要介護認定の申請をしなければいけません。要介護認定の申請は市町村の役所で行うことができます。役所にて申請を行なった後は、介護認定の訪問調査が行われます。 これは普段の様子を聞き取り、どの程度の介護が必要なのかなどを確認する調査です。これに合わせて、医師の意見書も必要になります。 意見書は介護認定に必要な項目のある意見書になり、主治医などが書くことのなります。申請の際に主治医を記入する欄がありますので、そこに記入しておいてください。 主治医がいない場合は市町村指定の医師の診断を受けることになりますが、何にしても申請を行なった役所の指示を受けて行なうようにしましょう。訪問調査と主治医の意見書の内容を合わせて、要介護認定の結果が出ます。

■介護施設にすぐに入れなければ? いざ介護施設に入ろうと思っても、希望する施設の定員がいっぱいだという事もよくあります。特別養護老人ホームは地域によって、何年も待たなければならない事もありますよ。 その場合、他に入れる介護施設を探すか、自宅にて介護を受けるかどちらかになると思います。自宅で介護を受けることになった場合は、まずはケアマネージャーと相談です。ケアマネジャーに来てもらうようにしましょう。 ケアマネジャーが介護の相談にのってくれます。合わせて施設への申し込みも済ませておきましょう。

■まとめ 介護施設に入ろうと思っても、いざとなると何から始めればいいのかがわからないものですよね。介護認定のことも含めてお住まいになっている地域の役所に問い合わせるといいかもしれませんね。